阪神を戦力外となった今成 助っ人選手に心開いた理由

1: 名無しさん@野球好き\(^o^)/ 2018/10/21(日)18:34:24 ID:8eT
阪神から戦力外通告を受けた今成亮太内野手(31)は、
助っ人として日本にやってきた外国人選手とよくコミュニケーションを取る姿が印象的だった。
2軍担当として取材した昨年、その理由を聞いたことがあった。

昨年夏。甲子園の室内練習場。その日もキャンベルと楽しそうに会話していた。
豊かな表情を見ていると、2人の間に言葉の壁はないように思えた。
2016年のオフ、ゴメス退団の話題を振られた際は「いいやつだった」としみじみ語っていた。

 なぜ外国人選手と仲良くなれるのか。「外国人は目線がフラットなんだよね。日本だったら先輩後輩の関係があるし、固くなってしまう」。
もちろん、日本選手との仲が悪かったわけではなく、今成にとって気を遣わないでいられる存在が助っ人だったようだ。

 「特別なことなんて話してないよ」と笑いつつ、「外国人は考えが柔軟というか、決めつけることがない」と、個人の思考や思想を重んじることに共感している様子だった。
そして今成自身も、堂々とポリシーを貫く勇気のある男だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000094-dal-base

no title

3: 名無しさん@野球好き\(^o^)/ 2018/10/21(日)18:40:56 ID:p9L
もうファン感見れないのか残念

5: 名無しさん@野球好き\(^o^)/ 2018/10/21(日)18:51:35 ID:Mrh
悲しいなぁ


Source: プロ野球いろいろ速報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です