スペインのあの名将が語る、乾&香川が秀逸!「W杯でもサプライズとなりうる」

「攻撃から守備に移る際のトランジションには改善の余地がある。日本はしばしば攻めに強迫観念が見られ、守備が疎(おろそ)かになっていた。そこは注意点だろう。しかし攻撃に関するスピード、テクニックのコンビネーションはレベルが高く、W杯でも十分にサプライズとなりうる」

【写真】スペイン知将が西野ジャパンをほめる。どこに「かすかな光」が見えたのか

日本代表のパラグアイ戦をスカウティングしたミケル・エチャリは、課題を指摘しつつも、最大級の賛辞を送っている。

スペインの”千里眼”エチャリは、90年代にはエイバルを率い、「いい守備がいい攻撃を作る」という堅実な戦い方で成功を収めている。当時はセミプロに近い選手たちだったにもかかわらず、選手のよさを十分に引き出した。「戦えるチーム」というと抽象的だが、それをロジカルに作り上げる手腕を持っている。

そのエチャリがコロンビアとの前哨戦、パラグアイ戦を検証した。

「日本はこれまでとはガラリとメンバーを変えている。テストの色が濃厚だった。もっとも、プレーコンセプトとしてはスイス戦と変わっていない。ボールをできるだけ繋げる、そういう意思をキックオフから示している。

パラグアイは4-1-4-1で中盤を固め、慎重な守備的布陣だった。アンカーに入ったリカルド・オルティスは左利きで、他のパラグアイ選手と同じようにスピードはないが、フィジカルが強く、中心になっていた。基本的にはブロックを作って誘い込み、カウンターを仕掛ける戦いで、セットプレーのパターンも選手の配置がよく、成熟を感じさせた。

日本は守備からスタートするパラグアイを相手に、イニシアチブを握っている。コンビネーションを使い、深さのある攻撃を仕掛けた。ただ、スピードが上がり切らず、崩し切れない。

そこで気になったのが、攻撃から守備への切り替えの遅さである。長谷部誠がいれば、そこまで目立たなかったのかもしれない。しかし、この日、先発した柴崎岳と山口蛍は守備面で物足りなさがあった。

柴崎の攻撃的なセンスはすばらしく、周囲と連係して決定的な仕事ができる。一方で、出場した試合のほとんどの失点シーンには、その前後に彼の影があって、守備の強度に問題を抱えている。山口のポテンシャルについては間違いなく、ロンドン五輪前から注目してきた。周囲をカバーし、チーム全体を動かす役割を、昨年のベルギー戦はできていた。しかし、パラグアイ戦では危なっかしかった」

前半32分。パラグアイは右タッチラインのスローインからペナルティエリアにボールを入れる。日本はこれをクリアし切れず、こぼれ球を拾われ、オスカル・ロメロに先制点を叩き込まれた。

「まず、エリア内の球際の争いで、柴崎のファイトは不十分だった。また、バウンドしたボールに対し、昌子源も寄せが甘い。そして東口順昭も反応できたはずのレベルのシュートだった。もっとも、GKは密集したディフェンスのせいで、球の軌道が見えなかったのだろう。

この失点の問題は、守備強度の低さもあるが、それだけではない。後ろに人がいるだけで、ポジション的な優位を失い、むしろ不利になってしまっていた点にある。日本は2失点目でも同じようなミスを犯している」

エチャリの洞察力は日本のミスを見逃さなかった。先制点は失った日本だが、後半に入ると、乾貴士が2得点を決めて逆転に成功する。

「この日、乾は前半からダイアゴナルの動きで、パラグアイ守備陣に脅威を与えていた。スペイン、エイバルで研鑽を積み、連係力が高くなった。後半6分、左サイドでボールを受けると、香川との壁パスで抜け出す。リターンするそぶりを見せながら、香川が開けたスペースに入れ違いで入り、右足で巻くようなショットを決めた。

香川のパス、走り出すタイミングやアングルも申し分なかった。現時点で、トップ下としては本田圭佑よりもいい状態にあるのではないだろうか。逆転ゴールの場面も、スモールスペースでの香川の天才性がよく出ていた。

18分、右サイドからバックラインの前を横切るようなパスが来ると、香川は背後にいた乾の存在を感じている。香川は自分に敵を引きつけることで、乾をポジション的優位にした。おかげで乾はアドバンテージを持ってシュートを打てており、質の高いコンビネーションからの逆転弾になった」

その後、日本はオウンゴールでリードを広げるが、FKからの流れをしのげず、ロングシュートを蹴り込まれて2-3と差を詰められている。89分に香川が4得点目を決め、再び点差を広げたものの、課題が残った。

「1失点目のスローインのときもそうだったが、全体が下がりすぎ、中盤で相手を有利にしてしまった。柴崎の甘いクリアを完全にコントロールされ、フリーの状態で打ち込まれた。戦術的に稚拙な失点だった。数的優位という感覚で枚数を増やすことに必死になるのではなく、常にポジションをバランスよく取ることを心がけるべきだ」

エチャリはそう警告し、最後にコロンビア戦に向けてメッセージを送る。

「ここまでの3試合、戦術的には上向きだ。長谷部が戻れば、中盤はより強固になる。乾貴士、原口元気は両サイドで攻撃から守備、守備から攻撃のトランジションのスイッチになれるだろう。そして長友佑都は乾といい呼吸をつかめるのではないか。また、香川はインスピレーションを取り戻したように映る。

1トップに関しては迷いどころだ。パラグアイ戦では岡崎がいい動きでスペースを作り出していたが、実際にボールに関わるプレーが少なかった。武藤は有効なプレーが多く、強度の高さも見せていた。そして大迫勇也は得点数の少なさ以外は弱点のないFWだ。

しつこいようだが、日本は攻撃を焦ってバランスを崩さないことである。それさえ忘れなければ、日本は波乱を起こせる。ポテンシャルはある。幸運を祈る」

引用元 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00010005-sportiva-socc

名無しさん
2時間前
やはり日本のサッカーには4大リーグの中で最もテクニカルで戦術的なスペインのサッカーを取り入れるのがいいと思う。にそういう意味ではアギーレが辞めちゃったのは痛かった。
次は日本人監督という評判だけど、ある程度戦術的な名の知れたスペイン人に監督になってもらいたい。
名無しさん
1時間前
この記事の面白いところは、柴崎と山口の評価かな。ポジティブな面はわれわれ素人にもある程度分かる。しかし守備の面で(攻撃では持ち味を発揮していた)柴崎の問題点を指摘している記事はそれほど多くない(もちろん大前提としてそもそも守備が得意でないことぐらいはみんな知っているが)。
山口についても元来(他のボランチと比べて相対的に)守備が得意である選手であることは知っていても、ガーナ戦にくらべてコンディションを戻して来ているように見えた。ところがこの記事では、むしろこの試合に限っては守備のリスクになっていたと指摘している点は興味深い。
その裏には長谷部に対する評価が山口よりも高いということがあるのかもしれないが、いずれにしてもボランチをどう選ぶかはチームにとって生命線。長谷部+柴崎がいいのか、山口+柴崎がいいのか。それとも大島がコンディションを戻してくるのか悩みどころ。個人的には長谷部+柴崎か。
名無しさん
1時間前
柴崎は日本人が皆そう理解しているし攻撃面ではやはり先発させるべきで、柴崎のパスがない限りパラグアイ戦は前の攻撃も活かせなかっただろう
グループリーグはやはり守備面からであり2失点すればほぼ勝ちはなく柴崎には踏ん張って貰いたい
2点目のミドルを決められたのは先ず柴崎のミスからは明らかであり、更に一番近くにいながら見ているだけで直ぐに守備に行かなかった宇佐美のサボりが致命的だった
名無しさん
58分前
岡崎と香川が(攻撃時は縦関係になるけど)守備時は横並べで前線からハイプレスをかけるなら、中盤もある程度リスクを負って押し上げないと間延びするし、行き過ぎて網をかいくぐられると一気にピンチになる。
なので時間帯によってハイプレスからミドルプレスに移行し、中盤でゾーンを敷いて守ってハーフカウンター気味に攻める時間帯も出て来るはず。
ハイプレスで前から行く時はボランチは山口は向いてる気がするが、ブロックを敷くなら長谷部の方が向いてる気がする。
実際試合の中では使いわけることになるんだろうけど、どこまでハイプレスに行けるか。パラグアイ戦のようにいかないことは目に見えているわけで、実質守備に回る時間が多くなるなら、使い分けするにしても長谷部の方がベターな気がする。
相手が強すぎるからどっちでも大差ないとか言い出したら、議論にならないし。まあ試合を想像するのもW杯の楽しみの一つ。
名無しさん
49分前
柴崎は相手をファールでしか止められない感じがするからな。
身体が固いのかな。
名無しさん
41分前
初戦は守備重視で入って、同点か負けてたら後半途中から柴崎だと思う。
名無しさん
36分前
素人がプロに刃向かうとはどう言うこと
名無しさん
30分前
ボランチは大島や遠藤が入らなければそれでいいや。
柴崎マストで長谷部か山口かは相手による。
名無しさん
16分前
柴崎の評価はこれが普通、へんに持ち上げてる記事が多すぎ。
寄せの甘さはウクライナ戦から全く改善されていない、浮いたルーズボールのヘディングは競らないしジャンプすらしないのが殆んど。
攻撃では貢献出来るからスーパーサブでいいよ。
名無しさん
1時間前
香川が海外に出て最初は
一体どんな凄い奴らがいるんだろう
と心弾ませて行ったが実際には
何人かは敵も含めて凄いのがいたが後は大したことはなかった。
とコメントしてる。
これが事実なんだと思う。
香川は紛うことなき天才。
問題はメンタルだけ。
名無しさん
2時間前
少なくともガーナ戦、スイス戦の時よりは守備も整理されてきたと思う。
コロンビアはもっと強いという意見が多いが日本も決して100%とフィジカルではない。
プレー強度を本番でどこまで上げられるか。ゆとり調整とか言われているけど、早川さんに期待しよう。
名無しさん
1時間前
香川、乾は必ずスタメンで。できれば交代させたくない。本田、宇佐美に同じような守備ができるとは思えないから、2人は交代要員としてもきつい。せめて守備でファイトできる、スプリントできる選手を入れたい。
前線は大迫、武藤、岡崎、香川、柴崎、乾、原口、この7人で回せばいい。
名無しさん
1時間前
やっぱり守備の強度だよな柴崎をボランチに置く怖さは。五分五分の浮き玉に足だけで取りに行ったり簡単にファウルを犯してセットプレーのチャンスを与えたりと不安は大きい。
それにパラグアイ戦で何度も縦パスを通して起点になっていたから、攻守に狙われる可能性が高い。ただいないと良いタイミングで香川や乾にボールが渡らない。
本人も周りもどうにかこれを改善する方向に調整してほしい。
名無しさん
1時間前
ザックJAPANの時の遠藤ヤットの問題を思い出す。守備しない走らない、しかし攻撃面で外せない、、、7番の悪い特徴を受け継いでほしくないな。
名無しさん
56分前
確かに柴崎ボール持ってる相手に激しく行くけど毎回ファールになるようなチェックなのはちょっと気になるかも、、
名無しさん
17分前
けど岡崎と香川と乾と柴崎と武藤が連動するあの崩しは中々捨てがたい。
前線で良い溜めが出来る分守備にも余裕が出る。
名無しさん
1時間前
代表時における乾選手の評価がどの指揮官でも低すぎる気がする。昔だと松井大輔選手みたいな感じかな。
乾選手も年齢的に見ても若手ではないし、今回のW杯こそはしっかりと評価してもらって大活躍を期待したいです!
名無しさん
1時間前
このエチャリの分析は本当にタメになる。
ハリルと同じサッカーだったって言ってる人たち、それも日本人の記者とか専門家はこの人の記事を良く読んだ方が良い。
山口蛍がやたらとこの試合で絶賛されてるからエチャリはどう考えてるだろうかと思ったけど、やっぱり守備面で問題があると見てるのね。
山口蛍はこの4年間でパス能力が大きく向上して、セレッソでは配給役と縦パスを入れるスイッチの役割、縦に飛び出すっていう攻撃面で進歩したけど。
守備面は逆に劣った感じがする。
相手選手をガツガツ潰せなくなった。
あと柴崎もこの試合で絶賛されてるしオレもスタメンで使ってほしいと思ってるけど、W杯で戦う相手だとボランチでは守備面では物足りなさが出てくる。
ヘタフェでもトップ下でも使われたのはやっぱりボランチでは守備面が劣ってるっていう評価をされてるからだと思う。
名無しさん
1時間前
ツイッターでハリルの戦術そのままやっただけとか言ってた人いたけど、エチャリさんが言うようにボールをしっかり繋げるって部分は変わったよね。香川、乾の良さが出やすくなったと思うし。
大枠は似てるかもしれないけど、オシムさんが言うようにそれが今のトレンドだからね。
パラグアイがどんなテンションで試合に臨もうが、スイス戦から10人変えた中で勝てたのはいろんな意味で良かった。
もう応援するだけ!頑張れ日本(^O^)
名無しさん
1時間前
解説に評判のある戸田さんもエチャリと同じような寸評だった。
パラグアイ戦が上手くいったのはまず、パラグアイは次回のW杯に向けての新規のチームであるから準備不足であった事、それと岡崎、乾、香川、武藤の4人の前線からの連動した守備による貢献度の高さを上げていた。そのおかげで3列目以降の選手は的を絞りやすくプレーしやすかったと。それでも柴崎と山口のボランチの連携の不味さから何度も失点の危機があったと。
名無しさん
35分前
今までの対戦相手の中ではパラグアイは良くなかったので判断しにくい。あとは本番で通用するかですね。
名無しさん
18分前
パラグアイが弱いとか冗談でしょ?w
南米でも屈指の守備相手に四点取れたのは普通に凄い。
名無しさん
2時間前
守備の視点でゲームを評価できる人は中々いない。そういう意味でもとても参考になる記事だ。本田と宇佐美の問題点は攻撃面だけではなく、むしろ守備面にあると思う。
名無しさん
1時間前
このエチャリって人知らなかったけど、
次の日本代表の監督やって欲しいな!
名無しさん
1時間前
しかし、よく分析していますね。確かに1失点目は、柴崎のロメオに対するチェイスが軽く、簡単に打たせ過ぎていましたね。
日本代表は、過去にも同じようなシチュエーションで得点されているし、ああいうプレイをひとつひとつ集中して消していかないと、なかなか勝てない。ワールドカップでは。
名無しさん
1時間前
分かり易い記事だ。
柴崎は守備の不安があるとしても攻撃やパス回しの起点になっていたし、プレッシャーかけられてもボールロストは少ないので本番でも乾と合わせて是非スタメンで使ってほしい。相手がボール保持しているときに、乾は前線の香川と岡崎に「今は前から追っていい」「今は(後ろが整ってないから)駄目」と指示していたと解説でも言っていたし、かなり重要な事のように思う。
右サイド武藤がけっこう機能してたし、香川と乾、香川と岡崎の連携も良かったからコロンビア戦でも前の4人は同じメンバーで良いかも。
岡崎の前線から追いかけるスピードは最近の本田や大迫にはなかった。大迫もパラグアイ戦は途中から入ったせいか普段の試合より結果を出そうと必死にやっているように見えた。
名無しさん
1時間前
武藤選手と柴崎選手を起用したアギーレさんが凄かったのかもしれませんね!
名無しさん
1時間前
エチャリはいつだって
悪いところも良いところも
きちんと提示してくれるのでありがたいね。
感情を排した解説なので耳触りも良い。
翻訳のうまさもあるかもしれないが。
名無しさん
1時間前
パラグアイの布陣に、岡崎、長谷部、吉田をバランス見て変えるくらいが現状打てる手だと思う
名無しさん
1時間前
柴崎に関しては日本の評論家は何も言わないけど、そうなんだよなあ失点シーンに絡みすぎてる。
2失点に加えてオフサイドになって得点にはならなかったシーンも柴崎の甘いクリアミスからシュートまで行かれてる。
特に前後半疲れてくると集中を切らしてしまう。
攻撃で核になる選手だけに、そこのミスは大きい。
名無しさん
1時間前
この人
最近の長谷部の危なっかしいところは見てないのかもしれないけれど
今からでも代表の監督に迎えたいところだね.
名無しさん
59分前
物凄く的確でわかりやすい。
守備的なサッカー観だからこそ、こうゆう見解なんだろうけど、誰がどう評価しても、前線に本田、宇佐美が入る余地は無い事がわかる。
長谷部が守備的に締め、柴崎が攻撃にアクセントを与える。今のところこれが理想か。
この記事読んでみると、絶対勝てるとは思えないけど、少なくとも全敗はしないのではって、期待を持てる。
パラグアイ戦以降、妙に期待感持ってしまっている自分。サッカーは詳しくないけど、勝利に歓喜したい。心からそう思う。
名無しさん
2時間前
こういう人に次期代表監督をお願いしたい。
長所も短所も的確に把握してると思う。
名無しさん
2時間前
この人前もそうだったけど的確だなあ
名無しさん
2時間前
素晴らしい、的確なコメント。
本田や川島への評価も聞きたかった。
名無しさん
2時間前
数的優位という感覚で枚数を増やすことに必死になるのではなく、常にポジションをバランスよく取ることを心がけるべきだ
選手達もわかってはいるんだろうけどなかなかに難しい。練習あるのみ。
名無しさん
1時間前
スペイン人監督に4年間任せてみたい
名無しさん
1時間前
香川、岡崎、乾、武藤、柴崎はスタメンで出してくれ。
名無しさん
1時間前
この人にかんとくやってほしい
名無しさん
2時間前
香川トップ下フルお願いします。( ̄ー ̄)b
名無しさん
1時間前
素晴らしいコメント。ありがとうございます。
そのとおりです。
あとは、どれだけ修正して望めるか、ですね。
名無しさん
1時間前
エチャリスカウティグ
首を長くして待ってました。
さすがに的確、且つ明快。
希望も不安も明らかになった

 

Source: スポルト!ニュース情報局それイイねぇ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です